健康

防災意識は日常生活を効率的にする

防災の日を有効活用する

東日本大震災を機会に防災対策に対する意識が高まり、

日常生活を見直すようになりました。

想定外を避けるためにも物をよく観察するようになりました。

災害自体は防げなくても、減災のために行動することはできます。

身近なものから始められる防災対策を記事にしました。

大災害に対する認識

2011年3月10日までは、大震災と言えば、

阪神淡路大震災ですが、当時の記憶はありません

高速道路の落ちかけのバスが映像としてのイメージです。

圧迫死や通電火災の被害が起きたことを知っています。

2011.3.11当時

公務員試験の説明会に参加するため、最寄りの駅に向かう途中。

畑が広がる地域のアスファルト舗装路を歩いている時でした。

大地震で地面が大きく割れた

液状化現象が起きて地面が水で溢れた

という話を、高校生の頃に話を聞いたことがありました。

地面が割れるくらいの左右の揺れ。

聞いた話と同じ現象は起きませんでしたが、

最悪の事態が頭をよぎりました。

電車の運行が停止し、そのまま自宅に引き返しました。

家の被害状況の有無を確認し終えた後、

テレビにくぎ付けとなりました。

  • お台場の火災や押し寄せる泥色の津波。
  • 夕方を過ぎには、水面の火災と町並み。
  • その後の原発事故。

カメ太
カメ太
半年間は換気や生野菜を食す気にはなれませんでした。

自宅の防災対策

日常生活の行動が防災対策になっていれば長続きします。

カメ太
カメ太
使えるものは何でも使い、

身近なものによって危険にならないか?

観察する習慣が必要です。

水の確保

  • メダカのために使っている水を、トイレや火災対策に使うことを想定。
  • 平時からメダカの水を鉢植えに利用してします。
  • そうすることで、節水や水の利用法を意識することが出来ます。

カメ太
カメ太
いつ手放しても良いように覚悟を持つ。悔いがないように毎日大事に育てています。

通電火災対策

  • 「コンセントの抜けかけは無いか」、「埃がかかっていないか」を定期的に確認する。
  • 使っていないコンセントはこまめに抜く。

落下物対策

  • 震度3~4辺りの地震が起きたときに、家具や物を観察。

少しでも揺れるようなら大震災には耐えれれないので、

固定または、より低い位置への移動を行う。

移動中の防災対策

  • 状況に即した防災あるいは減災対策が必要になります。

カメ太
カメ太
移動において特定の場所で必ず、被災するわけではありませんので、一つのことだけに注意するわけにはいきません。

転倒物対策

  • コンクリート塀の劣化は激しくないか?
  • 斜面のコンクリートに劣化や亀裂は見られないか?

カメ太
カメ太
自動販売機も倒れてくるそうです。

水害対策

  • 水に関する地名ではないか?
  • いざというときに駆け込める高所やマンションに目星を付ける

落下物対策

  • 街路樹の剪定は定期的に行われているか?
  • 太い枯れ枝が引っかかっていないか?
  • 台風が近づいているときに林や公園の樹木に気を付ける
  • 上部に鉢植えや看板が設置されていないか?
  • ビルが建築中または改装中ではないか?

対策

  • 雷注意報が出ているときは極力出歩かない。

移動中に雷が発生した場合

  • 樹木や電柱に近づくのを避け、周囲の安全を図りつつ電線の下を歩いて移動する。

まとめ

  • 人は知識、常識をもとに日々判断を行っています
  • 日常生活の行動が防災対策になっていれば長続きします
  • 平時から情報収集や決断能力を鍛えておきましょう
ABOUT ME
kameta
好きが高じてメダカブログを書くようになりました。 メダカ品種の紹介や飼育についての経験を書いています。 メダカショップ【KASUMIめだか】として、 ヤフオクやPayPayフリマで卵の出品を行っています。 Twitterやyoutubeでメダカの投稿をしていますのでぜひご覧ください。 写真趣味が高じて写真ACでクリエイター活動を行っています。 https://www.photo-ac.com/profile/3180786